看護部のご紹介

地域への愛情と共生をモットーに。
行動力とチームワークの良さが自慢です!

温暖な気候に恵まれた土地・館山。看護部のスタッフは皆、地域を愛する熱いハートの持ち主です。看護師達が何よりも大切にしているのは地域住民の皆さまとの触れ合い。医療・看護を通して、地域社会との共生・貢献を目指しています。

高齢者の多い館山の地域では、近年、病院だけではなく在宅で療養生活を続けられる患者様も増えてきました。こうした時代の流れに対応するためにも、看護部では、病院施設内でのお世話から24時間体制の訪問看護まで、必要とされる全ての方々に届く看護を提供出来るように努力しています。また医療・看護・介護の連携も重視しており、地域の医療機関や介護保険施設との連携も積極的に進めてきました。最近では、病院主催の研修会に介護施設の関係者の方々にもお越しいただくなど、地域全体での情報の共有化にも力を入れるようになりました。さらに看護部では高齢者の施設・在宅のみならず、地域の学校への予防や相談活動も熱心に行っています。子供から高齢者まで病める人を暖かく見守る。これからも、地域医療のためにチャレンジを続けていきます。

看護部のご紹介


看護部のご紹介

また、心の通った人材育成も看護部の特徴です。新人1年目の看護師にはプリセプターシップを導入。担当の先輩看護師が、マンツーマンで新米看護師の指導・教育に当たります。さらに看護部が誇るのは抜群のチームワーク。スタッフ全員で新人を育てていく雰囲気も自然と備わっています。認定看護師、専門看護師育成の支援も行っており、看護師としてのスキル向上のための選択肢も開けています。館山病院の看護師は、みな勉強熱心。より充実した看護を提供し続けていくためにも、分からないことや新しい分野への疑問があれば、一つになって学んできました。学んだ知識を現場で発揮するためにも、ひとりひとりが行動力のある看護を目指しています。

勤務環境だけではなく、ワーク・ライフ・バランスの充実も魅力です。病院施設の近くには社宅を完備。年間を通じてイベントや遠足なども催され、スタッフ同士のコミュニケーションが活発に行われています。10月の頭に行われる病院祭では、病院の敷地を開放して、地域住民の皆様と交流させていただくのも楽しみのひとつ。病院内の職員から有志を募って結成している様々なクラブにも、多くの看護師達が参加しています。オンでもオフでも看護部全体の絆を深め合う。充実した職場です。


館山病院の歴史

館山病院の歴史

館山病院は、明治24年10月4日開業以来、地域医療を実践し社会に貢献してきました。其の生い立ちは、地元有志者の寄付金により医院を建設・創業を始めた病院で、地域の皆様とともに育ってきた歴史があります。以来、サナトリウムから始まり准看護学校を設立、一般急性期医療・精神科医療・リハビリテーション・在宅医療と拡大してまいりました。これらは、医療行政の動向ばかりでなく、地域に必要とされ存在しております。今後、当院は学童保育など福利厚生の充実・看護学校準備・肝臓センター・終末期透析・難病カンファレンスなど新しい分野を拡大していく計画です。

館山病院の歴史