社会復帰支援室

社会復帰科は作業療法士・臨床心理士(心理士)・精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)で構成されています。

作業療法士【Occupational Therapist】

人間が生活していく上で行う様々な活動(作業活動やレクリエーション活動)などを通じて、対象者にとって必要なことや問題点を探り、 その解決方法を実施していくことを業務としています。

臨床心理士【Clinical Psychologist】

心理学的な立場から精神科(痴呆を含む)領域から一般科まで、治療・援助・支援に関わることを業務としています。 その手段として心理面接(カウンセリングを含む)や心理査定、集団療法等に携わる業務を行っています。

精神保健福祉士【Psychiatric Social Worker】

精神疾患によって生じる障害は、日常生活面や経済面、対人関係等、多岐に渡ります。 また、抱える問題も十人十色であり。個々に応じたニーズを的確に把握した上での援助が必要になります。 精神保健福祉士は、前述の事を念頭におきながら、相談に応じたり、有効な社会資源の活用を援助する事を主な業務としています。

科全体で行っていること

広報誌の発行

精神科向けとして「やすらぎ」、高齢者向けとして「おたっしゃtimes」を定期的に発行し、 活動報告や福祉情報のお知らせをしています。

家族交流会

精神科に通院・入院している方のご家族の会を定期的に開催しています。

関連リンク