臨床工学技士室

臨床工学技士とは

近年、医用工学の発展により医療現場では、様々な医療機器が使用されるようになった。 医療機器を扱う業務に対する国家試験の必要性高まり、1987年に臨床工学法が設立された。 医療機器を専門に技術者が業務を行うのが臨床工学技士であります。

臨床工学技士は、厚生労働大臣の免許を受けて臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う者をいいます。

生命維持管理装置とは、人の呼吸、循環または代謝の一部を代行し又は補助することを目的にされている装置のことをいいます。

例:人工呼吸器・人工心肺装置・血液浄化装置など。

メッセージ

館山病院では、1名の臨床工学技士が勤務しています。

ME機器管理では、患者様に使用される医療機器が安全に動作を行えるように人工呼吸器・輸液ポンプ等のME機器の保守点検・管理を行っています。

血液浄化療法では、持続血液透析濾過、白血球除去療法、胸水・腹水濾過濃縮再静注法の準備・施行時の操作、患者管理を行っています。

関連リンク