薬剤科

薬剤科

メッセージ

平成8年7月より全面的に外来調剤を院外処方箋として薬剤管理指導業務を開始し、それに伴い注射剤は全科とも注射箋によるセット渡しとして 看護部の注射剤に関わる業務を軽減することができ、病棟においては服薬指導業務を通じて実際に患者様に接する積極的な医療現場への参加を心掛けてきました。

現在4名の薬剤師での業務は多忙ではありますが、私達の目指すホスピタリティー溢れる病院に少しでも近づくために、他部署との連携を図っています。

薬品管理業務

約1200種類に及ぶ採用薬剤を医師の処方に基づき供給しつつ不良在庫のでないように適切に調達、管理します。

調剤業務

病棟内の患者様に投与する内服薬、注射の定期処方、臨時処方、緊急処方に応じて正確な調剤を行うと共に重複や漏れのないように心掛けています。

薬剤管理指導業務

医師、看護部との意思の疎通を図った上で、患者様に投与中の薬剤の具体的な作用を本人の症状、主訴に沿ってかわり易く説明して、 少しでも苦痛を軽減し、不安を取り除いてあげる事が出来るかといったことに心を配っています。

また、患者様や医療スタッフに医薬品に関する情報提供をするDI(ドラッグインフォメーション)業務を行っています。