放射線科

放射線科

メッセージ

館山病院放射線科は、本院およびドック健診センターの画像診断に関する検査を担当しており、スタッフは放射線科医師・診療放射線技師 で構成しています。

各検査は放射線科医が読影し、結果は検査を依頼した医師へ伝えます。

一般撮影装置

X線を使用して胸部、腹部、骨等の撮影を行う装置です。

FCRという装置を使用してデジタル処理したフィルムを作ります。

X線テレビ装置

胃のバリウム検査や血管撮影等を行う装置です。

乳房撮影装置

乳癌検診などで使用されます。

X線マルチスライスCT装置

からだを輪切りに撮影する検査です。

らせん状(ヘリカル)に輪切りにしますので検査が短時間で終わります。

MR装置(磁気共鳴装置)

放射線を利用せず、磁気と電波を利用した検査です。あらゆる方向の断面像が撮影出来ます。

ドック健診センターX線テレビ装置

主にドックや健診の方の胃の透視、胸部撮影をする装置です。

骨塩量測定装置

骨の密度を測定し骨粗鬆症を診断する装置です。