当院では出来るだけ気持ちのよい療養生活を送っていただき、一日も早く元気に退院していただくよう職員一同努めます。

入院に当たり、下記のことをお守りくださいますようお願いいたします。

入院手続き

  • 入院される方は、U号館一階事務室、又はT号館一階の事務室で入院の手続きをして下さい。
  • 手続きの際は、印鑑・健康保険証・その他各種医療証を併せてお持ち下さい。
  • 入院申込書兼誓約書は記載後、事務室へ提出して下さい。

入院費用

  • 診療費は原則として、社会保険診療報酬点数表によって、計算いたします。
  • その他、自費診療・個室料・文書料等は当院所定の料金を頂きます。
特別室
10,800円
個室
3,240円 〜 6,480円
2人部屋
2,160円 〜 3,240円
大部屋(3〜4人)
0円

※消費税込み

高額療養費制度

70歳未満の方

1ヶ月の一部負担金が自己負担限度額を超えた場合、被保険者は事前に
保険者に申請し「限度額適応認定証」の交付を受けて下さい。

詳しくは、事務窓口、居住地の市町村、又は医療保険の保険者までお尋ね下さい。

所得区分自己負担限度額多数該当
ア 標準報酬月額83万円以上252,600円+(総医療費−842,000円)×1% 140,100円
イ 標準報酬月額53万〜79万円167,400円+(総医療費−558,000円)×1%93,000円
ウ 標準報酬月額28万〜50万円80,100円+(総医療費−267,000円)×1%44,400円
エ 標準報酬月額26万円以下57,600円44,400円
オ 低所得者:住民税非課税35,400円24,600円

高額療養費の貸し付け制度もございます。

70歳以上の方
  

被保険者の所得区分

自己負担限度額(月額)

世帯単位
(外来・入院)

個人単位
(外来のみ)

現役並み所得者 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
[多数該当:44,400円]

44,400円
一般 44,400円 12,000円
低所得者U 24,600円 8,000円
低所得者T 15,000円8,000円

入院費の請求とお支払い

入院費は、毎月15日・月末に精算し、15日までの入院費は20日、月末まで
の入院費は翌月10日に請求書をお部屋までお届けいたます。

U号館一階事務室、又はT号館一階事務室にてお支払い下さい。

尚、T号館・V号館につきましては、直接事務室までお越し下さい。

退院のときは、健康保険証等をご持参し、入院会計にてお支払い下さい。
会計後、ご退院となります。

健康保険証・老人医療証等について

当院では、各種保険の取扱い病院として適正な保険診療を行うために各種保険証の提示を毎月1回お願いいたします。

診断書・証明書の申し込みについて

 当院での入院中に書類が必要な患者様は、T号館一階事務室・U号館一階事務室へお申し込み下さい。

  • 傷病手当金請求書 300 円
  • 入院証明書 6,480 円(消費税込み)
  • 身体障害者診断書・意見書 16,200 円(消費税込み)
  • 診断書(病院所定) 4,320 円(消費税込み)
  • おむつ証明書 1,620 円(消費税込み)
  • その他証明書 3,240 円(消費税込み)

☆ ご不明な点などございましたら、事務窓口までご相談下さい。

入院時にご用意頂くもの

  • 洗面用具等
  • コップ
  • 下着
  • 寝巻
  • スリッパ
  • ティッシュ
  • バスタオル
  • フェイルタオル
  • 印鑑
  • 保険証
  • 診察券
  • その他日用品

尚、入院セットレンタルのご利用もあります。
詳しくは、各病棟勤務室へお尋ね下さい。

看護

入院中のお世話は看護師がいたしますので、付添いの必要はありません。ただし、患者様の病状や家族の希望があり、医師が必要と認めた場合は ご家族の付添いが認められます。

食事

症状に応じた食事をご用意いたします。
食事に不都合がありましたら、ナーススティションまでご連絡下さい。

  1. 一般の方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・260円(1食につき)
  2. 市町村民税非課税の世帯の方(B以外の方)・・・・・・・・・・・・210円(1食につき)
     (過去1年間に入院日数が90日を越えている場合)・・・・・・・160円(1食につき)
  3. Aのうち、所得が一定の基準に満たない70歳以上の方・・・・100円(1食につき)

※ A、Bについては、市町村市役所・役場にてご確認下さい。
  加入されている場合は、減額認定証を病院1階入院会計窓口へご提出下さい。

医療相談

 医療費のこと、入院生活のこと、退院後の生活、社会福祉制度の利用方法 など、どんな小さな悩み事でもお気軽に相談員までお申し出下さい。 又は、担当医師・看護師・受付等の病院スタッフにお申し出下さい。

お見舞いメール

当院に入院中の患者さまへのお見舞いメールを受付いたしております。

尚、患者様の入院の有無・入院患者様の様態についてのお問い合わせには、一切お答えできません。

(お見舞いメールにはお名前・ご住所・電話番号等を必ず記載してご送信下さい)

お見舞いメール

※ 日曜日・祝祭日は配信できません。ご了承のほどお願い致します。

面会

平成28年1月18日(月)より、入院患者様の安静と安全確保のために、
ご面会される方に「面会申込書」の記入と「面会カード」の着用をお願いすることといたしました。

利用方法

★面会の方は、総合受付(正面入り口)にて「面会申込書」をご記入の上、
「面会カード」を受け取り、首に提げてご面会ください。

★お帰りの際は総合受付にて「面会申込書」に時刻を記入いただき、「面会カード」をご返却ください。

なお、平日17:00までに限り、T号館受付(リハビリ病棟入り口)でも手続きが出来ます。

※「面会カード」を付けていない場合、防犯上の理由からスタッフがお声掛けする場合がございます。

面会時間変更のご案内

平成28年1月18日(月)より面会時間を以下の通り変更いたします。

平 日14:00〜19:00
土曜、日曜、祝日13:00〜17:00 (12/31〜1/3祝日扱い)

 

  • ほかの患者様に迷惑がかからないよう、また、医師や看護師の治療の妨げにならないよう、
    面会時間の厳守にご理解とご協力をお願いいたします。
  • 療養環境の維持院内感染対策上の観点から、大勢での面会及び13歳未満の方の面会はお断りしております。
  • 面会時間内であっても処置中の場合は、お待ちいただくことがありますのでご了承ください。
  • 面会時、飲食物の差し入れはご遠慮ください。
特別な事情がある場合は、病棟責任者にご相談ください

私物の洗濯について

  • 私物(下着・タオル等)の洗濯は、ご家族でお願いします。
  • 病院内のカード式ランドリーをご利用いただくこともできます。
  • 入院セットレンタルのご利用もあります。(Aセット 病衣・タオルセット:Bセット タオルセット)

入院中のお願い

  1. 入院中は療養に専念し、医師や看護師の指示に従って下さい。
  2. 院内では静粛にし、みだりに他人の病室、診察室に出入りすることはお断りいたします。
  3. 他人に迷惑をかけたり、院内の秩序を乱したり、又は医師、看護師の指示に従わない時、病院の管理上支障を来たすときは退院していただくことがあります。
  4. 院内は禁煙となっています。定められた場所以外では喫煙できませんのでご注意下さい。
  5. 院内での盗難が増えています。多額の金額・貴重品等はお持込にならないようにお願いいたします。又、ベッドを離れる場合は、現金・貴重品等もお持ち下 さい。当院では、お手持ち品の盗難紛失等についての責任は負いかねますのでご了承下さい。尚、不審者等を見かけたときは、すぐに職員にご連絡下さい。
  6. 病院内で飲酒、賭け事は絶対にしないで下さい。
  7. 外出、外泊は原則として禁じられておりますが、特別の事情により外出(泊)を必要とする場合は、事前に看護師を通し担当医師の許可を受けて下さい。(手続きが必要です。)
  8. テレビとランドリーは、同一のカードで使用できます。カードの購入場所は、看護師等にお問い合わせ下さい。

退院について

  • 退院は、主治医の許可が必要です。
  • 当院の規定に反したり、入院費用が一ヶ月以上滞ったときは退院していただきます。

訪問看護について

訪問看護ステーションたてやま>が併設されております。 退院後訪問看護サービスをご利用になりたい方は、主治医・看護師にご相談 下さい。その他、お分かりにならないことは、ご遠慮なく看護師・事務職員に お尋ね下さい。